感染予防のために実践したいこと

院内感染は医療施設内で起こる重大なトラブルです。
閉じられた空間で起こる感染症の流行は、被害が甚大になりやすいため、何よりも発生を防ぐことが重要になります。

院内感染は、外部から持ち込まれたウイルスが爆発的に増大することで起こりますが、患者同士の接触よりも、医師や看護師などの医療従事者が媒介するケースが目立ちます。
特に看護師は患者への介助作業も仕事の一部なので、医師以上に患者と接する機会が多く、それだけ感染のリスクも大きいと言えるでしょう。
したがって、感染予防の正しい知識を持ち、実行することが看護師をはじめとした医療従事者の責務と言えます。

ちなみに、仕事中に実行できる感染予防の代表は、手洗いとうがいが、コストがかからず、もっとも効果的な方法だと言われています。
感染症は手先に付着した病原菌が口内に入り込んで発症するケースが多数を占めます。
そのため、こまめに手洗いとうがいを行えば、感染予防に繋がります。
ですから、仕事中であっても、手洗いとうがいを行い、病原菌を洗い流すように努めましょう。

また、病原菌は衣服にも付着するので、同じ衣服を何日も着続けるのは危険です。
洗濯もきちんと行って、常に清潔に保つのが理想的ですが、何着も同じ衣類を持つ必要があるので、誰でも対応できるとは限りません。
したがって、何枚も予備の制服を持っていない場合は、消毒薬を吹き付けて殺菌するのが簡単な方法です。